スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ハマムに挑戦 IN メクネス →オアシス都市 トドラ渓谷
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [ハマムに挑戦 IN メクネス]へ
  • [オアシス都市 トドラ渓谷]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

モロッコ

砂漠の贅沢生活

 ←ハマムに挑戦 IN メクネス →オアシス都市 トドラ渓谷
メクネスから夜行で8時間ほど。
大砂丘の玄関口リッサニにたどり着いた。
国営バスに乗れば途中止まらないって噂だったが、夜中にも何度となく止まり
イマイチゆっくり眠れなかった。

ココからサハラ砂漠の大砂丘を目指す。
といってももう砂丘の入り口なので、タクシーで20分ほど。
目指す町はメルズーガ村の1つ前の集落。
ハッシ ラビアド(hassi labiad)。
ココには日本人の人の典子さんがやってる宿があってそこを目指す。

しかし今現在典子さんはトドラ渓谷というところへ場所を移されているので、
とりあえず、宿は決めずに見に行った。

朝早くに着いたので、宿は開いていなかった。
カフェ(といっても商店の前に机がある感じのとこ)で3時間くらい待って、ドアをたたくと
宿の人が出てきてくれて、中を見せてくれたが、たまたまその日は誰も泊まっていなかったので、
1度戻る。

もう1つ隣の宿を見ると、本当に典型的モロッコ住宅で、
古いけど、こ綺麗でいい感じ。

迷って、どうせならもっと砂丘に近い宿を見てみようってことになって、
荷物をカフェのお兄ちゃんに預けて2人でぶらっと歩いていると、
砂丘のほぼ目の前にいい宿発見。
ホテルといった感じの2階建ての宿に入ると、人のよさそうなおじさんが出てきた。
そしてとりあえずといってミントティーをご馳走になる。
DSC_0669.jpg


こんな待遇久しぶりやなぁと話しつつ、部屋を見ると、トイレ、シャワー付の広い部屋。
周りにも小さないすが置いてあってかわいい。

部屋を出ると目の前にはサハラの砂丘が広がり、見晴らしも最高。
DSC_0787.jpgDSC_0652.jpgDSC_0529.jpg
問題は値段・・・。

聞くと一人1500円で2食付という話になった。
3泊するから安くしてというとなんと負けてくれたので、泊まることに決定。

パッカー始めて以来のいい宿だった。
夜ご飯は毎日コースで、スープ、サラダ、メイン、フルーツが出てくる。
DSC_0555.jpgDSC_0557.jpgDSC_0558.jpg
ここでモロッコ料理を満喫。
今まで食べてたサラダや、タジンはなんだんだったんだろうと思わせる、豪華さと美味しさ。

ただ今の季節ハエが多いのと暑いので、昼は活動せず。
夕方に砂丘に夕日を見にいったり、ベランダから見たり、
DSC_0508.jpg
朝日をベランダから見たりして時は過ぎた。

途中タクシーでリッサニへ遊びにいたのだが、
行く途中蜃気楼を見ることが出来た。

水があるので、温度差が発生しかなり緑が大きく見える。
砂漠で迷った民たちはこの蜃気楼をどれだけ見たかわからないと、
昔のキャラバンたちに思いを馳せてみたりした。

この町砂漠の民だからか、真っ黒のイスラムの服着てる人がちょくちょくいる。
ロバが走っていたり、とても楽しい町だった。
DSC_0626_20120520083005.jpg



宿のアリはとてもいい人で、まるで執事のようだった。
何かあったらなんでも言って下さい。って言ってくれるし、
スペイン語も英語もベラベラ。
日本語も少し話す。

たまにお茶を出してくれるのだが、ここのミントティー。
ミントが利きすぎてなくておいしい。
2日目の夕日を見ているときに、明日バギーを借りたいとアリに言うと、
バギーは危ないし、高いからラクダのほうがいいよって言われた。

キャメルツアー行った事あるし、行くつもりなかったのだが、
バギーを1時間借りるお金でラクダの1泊2食付行けるので、行くことにした。

過去行った2回のキャメルはモンゴルで夕日見て、ラクダ使いのおじちゃんの家で
カップラーメン食べたことと、インドのでラクダ使いの作る砂ジャリジャリのチャパティとカレーを食べたこと。そして私は最高に体調が悪くなった。

しかし今回のツアー。
DSC_0719.jpgDSC_0787.jpgDSC_0724.jpgDSC_0773_20120520083136.jpgDSC_0775.jpg
見渡すばかりの砂丘を越え、たどり着いたオアシスには砂が飛ばないように囲いもあり、
テーブルもあるし、ライトもある。
最高の砂漠ツアーだった。
そしてこの辺境での夜ご飯もタジン。
DSC_0845.jpg
モロッコ人すばらしい。

私の想像する砂漠は砂が永遠に波打ってる様。
DSC_0872.jpgDSC_0902.jpgDSC_0749.jpg
まさにそれが見ることの出来るところだった。


朝日を見て帰ってきて、宿で朝ごはん。
DSC_0882_20120520083253.jpgDSC_0907.jpgP1070855.jpg
この村にはちゃんとしたご飯やさんもあって、そこのお兄さんもちょっと日本語話せる。
奥さんが日本人らしい。
こんな小さな村に日本人2人もいたってすごいなぁ。
だから町の人たちは結構日本語話せる。
おはようとか普通に声かけてくる。

なごんだ砂漠生活はあっという間に過ぎ去った。
出発前日。
偶然の偶然にも次ぎ行く予定のトドラの典子さんがお客さんを連れて車でやってきた。
それも次の日みんなトドラに戻るわけではないので、乗せて行ってくれるという。
なんというラッキー。
典子さんの知り合いのたまたま遊びに来ていたスペイン人の車だったのだが、
トドラまで送ってもらった。

そして典子さんちでしばらくお世話になることになる。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [ハマムに挑戦 IN メクネス]へ
  • [オアシス都市 トドラ渓谷]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [ハマムに挑戦 IN メクネス]へ
  • [オアシス都市 トドラ渓谷]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。