スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←白とブルーの迷路 シャウエン →砂漠の贅沢生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [白とブルーの迷路 シャウエン]へ
  • [砂漠の贅沢生活  ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

モロッコ

ハマムに挑戦 IN メクネス

 ←白とブルーの迷路 シャウエン →砂漠の贅沢生活
朝日のあたるシャウエンに別れを告げ、メクネスへやってきた。
P1070804.jpgDSC_0190_20120516045707.jpgDSC_0194.jpgDSC_0396_20120516045814.jpg



ちなみにこの町に来たのは北アフリカ一といわれるマンスール門という門と、
イスラム教徒以外でも入ることのできる唯一の廟ムーレイ・イスラム廟を見るため。
DSC_0254 (2)DSC_0250.jpgDSC_0286_20120516045703.jpg
どちらも綺麗だったが、この町の雰囲気はかなり好きだった。
この町の人たちはアラビア語しか話さない。
ツーリスティックじゃなくてゆっくり町を歩ける。
DSC_0412_20120516045900.jpgDSC_0307.jpgDSC_0344_20120516045817.jpg

夕日の当たるや広場に集まる人たち。
DSC_0349.jpgDSC_0388.jpg
コーヒーショップでお茶を飲む人々、
街中の雑多感と日用品の多い市場は歩いていてとても楽しかった。
DSC_0187_20120516045709.jpgDSC_0411_20120516045813.jpgDSC_0444.jpg

モスクを外から見る。



モロッコには多数のハマムというスチームバスが存在する。
一言にハマムといっても多分多様で、よく雑誌とかで見る、
日本で言うと一流ホテルについてるスパのようなものもあれば、
庶民が通う昔ながらの銭湯のようなとこもある。


値段も相応でいいところはハマムが3千円から8万円くらいまであるらしい。
ちなみに庶民は本当は50円らしいのだが、ツーリストは100円。

アラビア文字も言語もわからないので、だいたいあると聞いたところを歩いてみる。
看板も何もない門の前にたまたまおばあちゃんが立っていて、中からはなんとくお湯っぽい匂いがした。


おばあちゃんにハマム?ってそこを指差すと、うんうんと言ったので、
はいってみることにした。
最初は汚かったらやめよかなぁとか呑気に思って行ったのだが、
そこを覗いた途端、パンツははいてるが、上半身裸のおばちゃんが2人座っているのが目に飛び込んできた。


びっくりしてるところに受付のおばちゃんがなんか言ってる。
でも何を言ってるのかさっぱりわからないが、荷物はここで、ココに座れって連れて行かれた。
やめようとかそんなことはもう無理。
入ることにした。


正直ちょっと薄暗くて、寒くて、ここ??大丈夫??って思ったけど、
お金いくらか聞くと、やっぱ100円って言ってきたので、払う。
訳わからずでっかい黒いバケツを2つ渡された。
そしてなんだか飲み物コップより一回りくらい大きい容器も貸してくれた。
多分手くみようだなと思いながら中に入る。
ドアとか全くない。右をのぞくとひんやりしているのみ。
左をのぞくとおばちゃんが一生懸命体をこすっていた。

もう1つ奥に部屋があって、そこへ進むと温かい。
日本のサウナ感覚で行ったので、手ぶらで、しかもボケッと座っていたのだが、
みんな一生懸命こすったり毛をそったりしているのだ。

イスラムの女の人は体の線の強調した服とかきれないし、
いつもかくしているのに、みんなきれいにしていた。
そしてびっくりしたのが、みんなしたの毛もそってる。
イスラムは毛が不浄とされているがゆえんのものなのだろう。


私もシャンプーセット一応持っていってたので、取りに行って、袋から出すと
受付のおばちゃんがそれよ!!って感じで、指差してた。
言葉全く通じないのがまた楽しい。

キョロキョロしてたら、意外とみんなが助けてくれて、
なんとかお湯を浴びれる事になった。

はじめお湯はないものなのだと、水をバケツに汲んだのだが、
一番奥の温かい部屋には釜戸のような場所が有り、温泉らしき熱湯が湧き出てて、
左にちょこんと水道がついている。
湧き出た熱湯に水道から水が出て、いいお湯になって、釜戸みたいなとこにたまるしくみになっている。


これがまたイスラム建築のすごいところだ。
何かを置いているのではなくて、もともとそれように石が彫られているというすごさ。
もちろんハマムの中もイスラムっぽい。

そのお湯を汲んで、地べたに座り、体などを洗って、お風呂のように出て行くという。
スチームがすごいので、日本の自分の家ののスチームない風呂に入るよりもよっぽど温かい。

久々にすっきりして出てきた。
ここメクネスは水がかなりきれいらしい。
サーフィンで焼けて以来カサカサしていたお肌がほんの少し潤いを取り戻した気がした。
なんとなく顔もいっつもすぐつっぱるのに、ハマムから宿に戻るまでもそんなこともなく。
ハマム効果が!とちょっとうれしくなった。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [白とブルーの迷路 シャウエン]へ
  • [砂漠の贅沢生活  ]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [白とブルーの迷路 シャウエン]へ
  • [砂漠の贅沢生活  ]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。