スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←シャーマンに会いにアマゾンの奥地へ →そして2度目の儀式へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [シャーマンに会いにアマゾンの奥地へ]へ
  • [そして2度目の儀式へ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ペルー2

初めての儀式

 ←シャーマンに会いにアマゾンの奥地へ →そして2度目の儀式へ
次の日の朝ご飯をカフェで食べ、船乗り場までリキシャ。P1070557.jpg

船は久しぶりに乗るぼろい船で、揺れて斜めになりつつ乗り込む。
1時間くらい走るとボートが着いた。P1070558.jpg
P1070562.jpg

たったの3ソル。


桟橋を越えるとそこは思い描いていたよりも大きな村で、電気が通ってる。
もっとぼろいところと思ってたけど違うのだろうか・・。
P1070597.jpg


この村で強力な力を持つシャーマン、ロヘルがいる。
その辺の若者にロヘルんちを聞くと、教えてくれた。
ロヘルの家はサンフランシスコ村にあるが、
村の奥地にもう1つの村、電気の通っていないスイピーノ村がある。
この村で儀式が行われているのだ。


サンフランシスコ村をまっすぐ奥に進むとスイピーノ村に着く。
着いた奥地のはずの村はかなりいい施設。

前面芝生張りになっていて小屋がぽつぽつと建っている。
うちらの泊まる事になった小屋は3部屋からなり、水洗トイレと水シャワーがついてる。
なかなかいい。P1070574.jpg


まったく何も期待せず、何もないと思っていたうちらは、
シャンプーさえ持っていなかった。
洗濯場もキッチンもちゃんとある。
ただもっと神々しいと思っていたが、まったくそれはない。






聞くところによると、ロヘルは小さい頃に山に放り出され、
相当修行を積んだらしく、かなり力はあるらしい。
そして彼は外国人でも来れる綺麗な施設を建てた。

長老たちは自分たちの儀式に人を入れるなんてと反対したらしいのだが、
彼は地球の裏からここまでやってくる人たちがいるのだから、
自分たちももっと視野を広げようと言ったみたい。
そして今はかなり儲けてると思われる。




着いてすぐにシャーマンの修行をしている日本人に会いに行った。
彼は仙人のような暮らしをしている。
鳥を飼っていて、部屋にこもり、いろいろな植物をためしているらしい。
おっとりしていて話しててほっとする人だった。
これも修行のなせる業なのか!?
ただ私は絶対無理だけど。
アワヤスカもツル食物から作られているお茶である。
彼は昼間のことがいろいろ影響するから日差しは浴び続けないほうがいいよと言った。



そしてご飯は2時までに食べ終わり、夜を待つ。
儀式は週3回。
希望すればもっと行ってくれる。

だらだらして夜を待つ。
このスイピーノよりもっと奥地の湖の近くに、うちらにしてはスイピーノ綺麗なんだけど、
やっぱり金持ちの人には汚いらしく、チリ人が建てたもう1つのとても綺麗な施設がある。

この世の中で生活していると多かれ少なかれ必ずストレスが溜まっていく。
それをすっきりさせようと2.3回だけ儀式を受けて帰っていく金持ちの人たちもいるらしい。

こちらはうちらが1000円くらいの宿に対し、120ドルもするらしい。
このいい施設での初めての儀式。
上が網戸張りになっている12角形くらいの板張りのホールのようなところに、
マットレスが引かれてあり、ブランケットが用意されてある。
イメージと全く違う。


トイレは離れにある。
辺りはジャングルに囲まれ、虫の声がすごい。
部屋に入ってからもすぐに儀式が始まる感じではなく、
ぐだぐだして、ごろごろしていた。
こんな感じかぁ・・・・。
あんなに気合入れてたのにちょっとがっかり。
なんか変化あるのかなぁ?


そのうち、一人ひとりに吐くようだと洗面器が配られた。
本当に配られるんだ。そして吐くんだ!!
そして中央に2つのろうそくが灯る。


しばらくすると、シャーマンたちが歯を閉じた間から漏れる
ような音を出しだした。
スィーともツィーともいう口笛のような。
後にこの音が虫の声と一体化してとても不思議なメロディーとなる。

この日の儀式は15人くらい。
順番にロヘルが回ってきてアワヤスカをついで行く。
始めのほうの人が飲んだ辺りからぺペッとつばを吐く音がする。

この音もこのあと私の頭の中をぐるぐると回り始める。

黄色と黄土色の混ざった、なんともいえない色のドロッととした液体を持って彼は現れ、
初めてか?と聞いてきた。
うちらは、はいと答える。
そしてまるで酒でもつぐかのように小さいコップに並々とついだ。
一気にそれを飲む。
激まずだと聞いていたがまずっっ。
思ったよりはましだったけどやっぱりまずい。
持ってきた水でうがいして洗面器にペッと前の人に続き吐く。

気づくと始まる前から眠かった私は眠っていた。
どれだけ時間がたったのだろう。
虫の声がする。ジャングルの中にいることを忘れていた。

そこから記憶をたどるのは難しい。
息苦しくて起きると、シャーマンが歌っているのが聞こえる。
この歌が心に響く響く。
心に鍵が開き、糸が解けるのが見えた。

そして吐き気。
この世界を受け入れたくない、でもその世界でどっぷりいる自分に吐き気。
1回はいて以来はもうカラ吐き気で吐けなかった。
そしてあくび。
かばになったくらい。
こんなに大きなあくびをしてのは人生初かもしれないと思えるくらいの大あくびを連発。

この絡まった糸が解けるのを見守るのが苦しい。
絡まりがドンドン解けると白い大蛇が現れた。
記憶に残っているのはなんとなく日本昔話の始まりに出てくるようなちょっと怖い蛇。。
そして♪ぼーや良い子だ♪が流れてくるような・・・。

アワヤスカの木には蛇が宿るとも言われているらしい。
そして何故か物語が始まったと感じた。

そのうち、自分はなんてつまらない話をし続け、
聞いている人にとってはあくびにしかならない話しをし続けてるのだろうという気持ちになった。
なぜかあくびがとめどとなく流れる。
そうか。私は理解した。と思った。
話すだけ話すことで解消していたと思っていたことは結局解消していなかったのだ。
こうして心の洗濯をすることで気持ちはやわらいでいくのだと。




自分の中の葛藤がそのまま表に出た感じだった。
来る気もなく、面白半分でココへ来たこと後悔するかもしれなかった。

それは本当に貴重で、今まで少しのことでめそめそしていた自分とさよならできた気がした。
最近かなりのことにすぐに感傷的になってないていた。
その元が断ち切れた気がした。
もともと精神病の治療のためだといわれているこれ。
効果は絶大だと信じた瞬間であった。

自分がどうなっているのかわからない瞬間はこの夢をみんなが見ているのだと思い、どきどきした。
こんなこと思ったら大変だと考え、正気に戻らないといけないという思いと、
でも耐えれない重圧に押しつぶされそうだった。


その苦しみの後はひたすらあくび。
となりでねている2人も大あくびを繰り返し、その後は起き上がって活動していた。

私はというと、全く動き出せず、周りの人が行ったりきたりするのがぼんやり見える。
後で聞いたとこによると、そんなに活動してなかったらしいが。

自分の世界から抜け出すと周りの音がすごく聞こえてきた。
ものすごく吐いている人。
本当に頭蓋骨が出るんじゃないかと思われるくらいゴエーと吐いている人もいる。
もうオエーのレベルではない。

そしてタバコに火をつけるためにところどころで光るライターがぼんやり見える。
私はまだまだ活動できず、吐き気もおさまらない。
トイレに行きたいが、立ち上がる勇気がなかった。
隣でくにくんとてつくんは座って活動している。
すごい・・・。
私はまだまだ動ける感じがしなかった。


そして楽しい世界に飛んだ。
始めは夢を見ているようで、いろんなところで遊ぶ。
そのうち、夢を操作できることに気づき、いろんなことしてみた。
雲に乗って移動して、みんなで遊ぶ。
全部が出来るとなるとあきちゃって、また造って壊すくりかえし。
やっぱり秩序ある世の中ではないとうまくいかないと納得したり。
そしてまた何かを作ったり。

しばらくしてシャーマンの歌声がやんだ。
特にロヘルのお母さんの声が私には驚異的で、自分の行きたいくない世界に引きづりこまれた。
なんでこんなもの飲もうと思ったのだろう。
闇にひきづられる。怖い。とも思った。


歌がやむ瞬間はほんと少しの隙間でほっとするのだが、また歌いだすと始まるつらさ。
なんだこんなものを飲んだと思う思い。

ただこの歌がやむ瞬間もほんのちょっとだったらしい。
私はこのお茶が効きすぎてて、もう時間間隔が無くなっていた。
シャーマンはアヤワスカの幻覚効果を通じて、はるか彼方の惑星を見たり、
遠方に住む親戚の健康状態を知ったり、紛失した物の在処を発見するらしい。

この世界に入った私もいろんな思いが交錯して本当に不思議な世界だった。
こんな世界があるなんて。って感じ。


歌が終わる。
それは同時に終わりの合図だったらしく、みんな眠りにつき出した。
私はようやく起き上がり、ふらふらしながらトイレへ向かう。
トイレは離れにあり、そこまでドアを2つ開け、渡り廊下を50メートルほど歩かないと行くことができない。
普通ならすぐにいけるところである。
でも今の私は暗闇の中視覚も朦朧としていた。

2つドアを開けた途端、目の前が真っ暗になり、4ツン場になった。
一瞬記憶が途切れた。

起きると満天の星空のもと渡り廊下に寝転がっていた。

ジャングルらしき木がざわざわとざわめく。
「じゃぐるみたい。」って声にして
はっとわれに返った。

そうだ、私はジャングルの真っ只中にいたのだった。
そこからなんとか起き上がりトイレへ。

今度はトイレから離れられなくなった。
行く前に言われた、飲むと上からも下からも体の悪いもん全部でるよって。
まさに・・・。

だんんだん冷や汗もかいてくる。
しばらくトイレで休んで外に出ると、シャーマンの修行中もう一人の日本人に出くわした。
戻って休もうとする私にちょっと話しませんかと声をかけてきた彼。
彼と話しているいる間にすこしずつ正気を取り戻した。

私は思ったことを話す。
話すことを吐きけで吐き出してるのかと思ったこと。

私のビジョンに現れたフライパンをたたいて家族を起こす楽しそうな姿のこと。



そうして1日目は終わった。
途中つらかった。
もう飲むのもやめようと思った。
でもシャーマンの修行している人たちが言うには、
1度で効果は現れない。
2度飲んで始めて儀式を受けたといえるという。
それもさっきはなした彼はきっと次は楽しいよって言ってくれた。

とりあえず今日帰って考えよう。
朝10時には宿に戻ってきた。
昨日の夜はほとんど寝れなかったのにまだ寝れない。

デッキでお茶飲んでると、ロヘルの弟が現れた。
今日も儀式やってもいいよ。といってくれる。

それも今日やるなら3人だけ。
そしてスィピーノでの儀式。
せっかくなのででる事にした。


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [シャーマンに会いにアマゾンの奥地へ]へ
  • [そして2度目の儀式へ]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [シャーマンに会いにアマゾンの奥地へ]へ
  • [そして2度目の儀式へ]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。