スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←はじめての挫折 →ラパス脱出
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [はじめての挫折]へ
  • [ラパス脱出]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ボリビア

大平原の露天風呂を目指して   サハマへ

 ←はじめての挫折 →ラパス脱出
始まりはくに君からのメールだった。
山奥の露天風呂がいいらしいという友達からの情報を教えてくれた。
しかし気づけば一緒に行くことになった。

久々の宿が空いているのか、ご飯も食べれるのか、バスがそこまで行っているのかも謎の旅。
わくわくする。

5日ほど前、うちらは1度そこへ行こうと試みたのだが、ボリビアで多いデモのためバスが走らず断念。
DSC_0190 (2)
2度目の挑戦である。


今回はなんなく乗り換えの町パタカマヤへ着いた。
町といっても小さい。
歩いても一瞬でメイン通りは終わってしまった。

その温泉はボリビア最高峰があるサハマ国立公園という中にあるらしい。
パタカマヤの人たちにサハマへ行きたいというが直通バスは通っていないようだ。
直通バスがあるという話だったので、町の端まで行って聞くと、
今はタクシーしかないらしい。それもタクシー片道2500円ほど。
ちょっと払えないなぁという話になり、町へ戻って乗り換えながら進むことにした。

こっちのミニバスの制度は満席になると出発という形。
人が集まらないといつまでも出ないのだ。
運よく、うちらが乗り場近くに戻って席を確保してすぐに満席になり、バスは出発した。
道はびっくりするほどいい。
後で知ったのだが、この国立公園はチリ国境の近くだった。

1時間30ほど走り、乗り換えの町に着いた。
この日は土曜だったからか道に市がたくさん出ている。
インディヘナのおばちゃんがのしのし歩いてる。
周りの家は日干し煉瓦でできている家ばかりで、本当に何もない。
市がなければこの村も静まり返っているんだろうなぁと思う。

しかし今日は市の日。
バスもたくさん出ている。
うちらが着いたときで3台のサハマ行きのバスを見つけた。
パタカマヤの町ではたぶん乗り換えはあるよという話だったので、
いっぱいあるやんとすぐにバスに駆け寄る。
おじちゃんは後ろの席に座っていいよ。1時30に出るから。といった。
バスには既に食べ物やいろんなものが山積みにされていてすごい匂いがする。
後のこの匂いにてつくんがやられることになる。

バスの前にも荷物が山にようにあり、この荷物が全部乗り切るのか不安になるほどである。
DSC_0341 (2)
出発時刻まで時間があるのでご飯を食べにその辺へ。

屋台のような店が2軒だけあり、その1つで食べた。
久々のボリビア料理。やっぱりおいしくない。
でもリャマの炭火焼みたいなのはおいしかった。
時間なのでバスに戻るとまだ積荷中。
2時になりやっと出発した。


サハマ国立公園までの道のりはかなりいい。
国立公園に入ると道は舗装されていないがたがたになる。
そこを30分くらい走ると、村のゲートがある。
国立公園内に村があるのはいつも不思議だがここもある。

この道にたどり着くまでに車の臭さととなりのおばちゃんの異臭でてつ君が調子悪くなり、
温泉を目の前にして帰りたいと言った。
しかしもう村は目の前。
着いて直らなければ考えようとなんとか到着。

ボリビア人は冷たいとばかり思っていたが、ゲートのおばちゃんはさすが田舎の人。
親切にしてくれ、病院もあるから行くか?と聞いてくれ、うちに泊まれるから泊まっていく?と聞いてくれた。

くにくんと見に行くと悪くない宿で、ここから帰りの交通手段もないため泊まる事にした。

しばらくいい空気を吸うと、てつ君の調子もかなり良くなった。
水も電気もないとばかり思っていたこの村だが、電気も水道もある。

見渡す限り山に囲まれた平原でリャマやアルパカが放牧されている。
なんてところなんだ。
のどかで夜歩いててもゴーストタウンのようなのに平和だ。
電気も家が少ないからぽつぽつ。

夜には星がキラキラまたたいて空が近かった。


次の朝から2時間くらいかけて温泉まで歩く。
・・・つもりが、30分くらい歩いた頃、宿のおばちゃんが車で通りかかりなんと乗せてくれた。
うちらを駐車場まで送ってくれ、おばちゃんは格好良く去って行った。
いいおばちゃんにあえてラッキー。


温泉といってもその辺りの川はほとんど温泉。
DSC_0410 (2)
ただ川だけだと細いので浸かれるようにほってあるようだ。
全部で5箇所あるらしい。

DSC_0600.jpg
見えるのは温泉の目の前のホテル1軒とそこから少し行ったところの温泉にある更衣室らしき小屋のみ。
管理のおじちゃんとおばちゃんがいて、宿のおばちゃんに連絡を取ってくれた。
どうやら4時くらいに戻ってくるらしい。


早速温泉に浸かった。久しぶりの温泉。
DSC_0416 (2)
周りは見渡す限りの大平原にボリビア最高峰が見える。
雪を載せたその大きい山を見ながらの温泉。
なんて贅沢なんだ。

源泉を聞いて温泉卵を作ろうと試みたり(結局1晩置いたのに出来なかった)
DSC_0428 (2)
お風呂に入ったり出たりして、おばちゃんの帰りを待った。

もしこなかったら野宿か2時間かけてサハマに戻るしかない。

5時前。
ちょっと日が傾きかけた頃おばちゃんが歩いてきた!
きっとあの人のはず、と希望のまなざしで見ていると、ホテルにやってきた。
宿のおばちゃんだ!!

よかったー。
温泉があるとはいえ寒くなってきた。
おばちゃんはご飯も作ってくれるといい、部屋へ案内してくれた。
50ボリ(500円くらい)もするだけあり、きれい。
作りも良くて温かい。
電気と水道はさすがにないけど。

しばらくすると陽は傾き始め、おばちゃんがご飯が出来たと呼びにきてくれた。
DSC_0445 (2)
夕日を窓に見ながらスープとリャマ肉のピリから炒めを大量に食べ大満足。

夜は温泉に浸かりながら星空を眺める。
最高な時間をすごした。

次の朝は朝日と共に違う温泉に入る。
そこで温泉卵を割ったが出来てなかった。
宿に戻り朝ごはんを食べて外に出ると温泉の周りに大量のリャマとアルパカ。
DSC_0557 (2)
こんなに近くでいっぱい見れるのはここしかないかも。

帰り道も大量のリャマたちの群れの中を歩いて帰る。
途中アルパカが池にはまってたのでてつくんが川を飛び越え、助けに行ったが、
どうやら足折れてたみたい。きっとたべられちゃうんだな。
うちらもおいしいから食べちゃうけど。


写真撮ったりしながらのんびり歩いてると2時間あっという間だった。
DSC_0485 (2)
だんだん温泉施設が見えなくなり、アルパカたちが見えなくなり、
サハマの村にたどり着いた頃、振り返ると夢の世界はなくなってしまっているのではないかと
思うほど、のどかないいところだった。

パタカマヤの村まで戻ってきたときははじめ小さく思えたこの町さえ大きく感じた。
そしてここからまたスト。
ストといってもびっくりする事にインディヘナのおばちゃんが道に座って井戸端してるだけ。
クラクション鳴らしまくったらどきそうな勢いだと思われる。

うちらの乗ったミニバスの運転手はがんがん行く人で、はじめからお金多くとって、
裏道を走りまくり、無事ラパスへ。


またこのごみごみした町に戻ってきた。
しかしお風呂好きの私にとっては本当にいい場所だった。


<<旅情報>>
ラパスーパタカマヤ      普通のバス 1時間くらい 25ボリ
                   (オルーロ行き 途中で降りたいことを伝える)
パタカマヤー途中の町(忘れた)ミニバス  1時間半  9ボリ
途中の町(忘れた)-サハマ  ミニバス  3時間   15ボリ

サハマナショナルパーク 入場料 30ボリ
サハマの宿  3人部屋 一人35ボリ(水道。電気あるが電気コイルのみ使えなかった)
        夜ご飯は売店で 13ボリ(スープとパスタおいしくない)

温泉へ2時間ほど(徒歩)
温泉入場料 30ボリ
宿 一人50ボリ きれい
夜ご飯 20ボリ 
私のときはスープとリャマ肉の炒め物 マテ茶付
朝ごはん 15ボリ
コーヒー、パン、卵のみ(マーガリンとイチゴジャム付)

帰り サハマ発のミニバスは朝の7時のみ。
インフォメーションで90ボリでチリ国境charanaまでタクシーを呼んでもらえる。(サハマのミニバスが出動)
チリ国境charanaからパタカマヤまでミニバス2時間 30ボリ
パタカマヤからストのため30ボリ出して迂回してラパスへ 




     
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [はじめての挫折]へ
  • [ラパス脱出]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [はじめての挫折]へ
  • [ラパス脱出]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。