スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マチュピチュ村へ →巨大テーマパーク ウロス島へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [マチュピチュ村へ]へ
  • [巨大テーマパーク ウロス島へ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

ペルー

雲の中に見え隠れする 天空の城へ

 ←マチュピチュ村へ →巨大テーマパーク ウロス島へ

朝早くからバスで遺跡の入り口に到着。

こんなに早く来たのには理由がある。


マチュピチュ遺跡だけに入るならこんなに早く来る必要はない。

遺跡の奥にそびえるワイナピチュという山に登ると、マチュピチュ遺跡を上から見下ろす事ができる。

その山は入場制限があって、1日400人しか登れない。


朝7時にゲートが空き200人。

そして10時にもう200人。

チケットはもちろん別に買っているのに入れるか入れないかわからないという噂をよく聞く。

ある人はバスに乗ると間に合わないので朝3時くらいから九十九折の道を走り、入ったと聞く。

大変なことのようだ。


さすがにうちらは朝3時くらいから走るのは無理なので、朝一のバスに乗ることにしたのだ。

バス停に行くとすでに人が並んでおり、うちらは5台目くらいのバスに乗る事ができた。


入り口にももちろん並ぶ人。人。

何人かが汗だくで山を登って来ている。


うちらは学生でチケットを買ったので半額の75ドル。
南米大陸をてくてく

これが入れないとまた時間をくう事になる。

もしつかまったら先に行っててくださいとお母さんたちに伝え、

チケットを見せる。


ゲートの人は紙のチケットをちらっとみただけで、あっさり通してくれた。

ラッキー。



朝もやの中のリャマが見え隠れ、遺跡も霧に包まれてなんともいえない景色をかもし出している。

マチュピチュは後から見ることにして、
南米大陸をてくてく

ずんずん奥のワイナピチュ登山ゲートへ。

着くと拍子抜けに前に4人しか並んでいなかった。


30分ほどするとゲートが空いた。

そこからは急な坂をひたすら上へ上へ登る。

後で見るとそんなに高くない山だが、勾配がきついのでなかなかしんどかった。

やっとの思いで頂上にたどり着いたのはいいが、一面霧でどこが遺跡なのかさえもわから南米大陸をてくてくない。




なんとなく方向がこっちかなぁというところで待つ事にした。


だんだん汗も引いて寒くなってくる。

待つ事30分くらい。

雲の切れ間に段々畑と遺跡が見え隠れしている。



見えた!!


それはほんの一瞬の景色で、まさしく天空に浮かぶ城!!


南米大陸をてくてく南米大陸をてくてく




その後うちらは2時間ほどそこにいたのだが、全景をみること叶わず。

しかしその少しの合間からみる景色がまたこの景色のよさをかもし出していて、

これはこれでよかったと思えた。


下に下りると雲は全く晴れ、きっと今ならワイナピチュからも余裕で見えるんだろうなぁと

思ったけど、あの景色はまたと見れないものだったかもしれない。


マチュピチュ遺跡はまさに写真で見たとおり!

って感じで、今あの写真の世界を自分で見ている。という感じだった。



南米大陸をてくてく南米大陸をてくてく
南米大陸をてくてく南米大陸をてくてく



いつも見ている写真の角度から少しずれると、崖が見えたりして、実際自分がここにいるんだという実感がわく。


そんなところだった。


このマチュピチュ遺跡に向かって、たくさんの飛脚たちが走ったというインカ道という道が残っている。

まさに崖を歩く道でめちゃめちゃ細い。

この遺跡の近くにインカ橋という橋も残っていて、見に行った。
南米大陸をてくてく

橋というかもうこれは肝試しのような木1本かかってるのみ。

昔つかわれていたであろう道のところだけ緑が生えているのが見えるが、かなりの細さっぽい。

インカの時代の人たちはかなりすぐれた身体能力があったのか、日本でいう忍者のような人だったのか・・・。


そんな思いをうかべながらマチュピチュを降りた。

そんなに見ないだろうと思っていた遺跡だったが、人が多いのと、水路などがかなりちゃんとひいてあるのがおもしろくてついつい長居してしまった。


マチュピチュ村に降りてきてやっとお昼ご飯にありついているときに、またもやもう何度目かわからないくらいの再会が。ロライマ一緒に登ったカップルが坂を登って来た。

なんてよく出会うんだと大笑いしてうちらは列車の時間もあったのでこの村を後にした。


クスコにたどり着いたのは夜9時ごろ。

へとへとになりながらご飯を軽く済ませ、明日はもっと標高の上がるプーノへ移動する。



スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png キューバ
もくじ  3kaku_s_L.png コロンビア
もくじ  3kaku_s_L.png ベネズエラ
もくじ  3kaku_s_L.png アマゾン
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア
もくじ  3kaku_s_L.png アルゼンチン
もくじ  3kaku_s_L.png パラグアイ
もくじ  3kaku_s_L.png パタゴニア
もくじ  3kaku_s_L.png チリ
もくじ  3kaku_s_L.png ボリビア2
もくじ  3kaku_s_L.png ペルー2
もくじ  3kaku_s_L.png エクアドル
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ヨーロッパ
もくじ  3kaku_s_L.png モロッコ
もくじ  3kaku_s_L.png ドイツ
  • [マチュピチュ村へ]へ
  • [巨大テーマパーク ウロス島へ]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [マチュピチュ村へ]へ
  • [巨大テーマパーク ウロス島へ]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。