更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2012 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2012 05

2012-04-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

バルセロナ

[ ヨーロッパ]

2012.04.30 (Mon)

建築好きの人にとってこの町はたまらなく楽しいようだ。建築に全く詳しくない私でもなかなか楽しかった。中でも一番気に入ったのはカサパトリョ。この建物もガウディー作で、海をモチーフにしているらしく、外に埋め込まれたガラス細工が光を浴びて輝くのがとても綺麗だ。町を歩くとたくさんのショップが並んでいて、そんなに高くない。カジュアルなお店に関しては日本には負けるけど。お店の中はそれぞれおしゃれで、つい入ってし...全文を読む

チョコとワッフルの国 ベルギーへ。

[ ヨーロッパ]

2012.04.28 (Sat)

アムスを出たバスはまたもや眠っている間にベルギーに到着。たったの3時間ほど。バスが止まった北駅から歩いて15分くらいのところに宿を取ったので歩いていると、トルコ難民のような人たちがいっぱい。フランクフルトにもたくさんいたが、ヨーロッパとは思えないくらい貧しそう。そして薄暗い。この日は天気もよくなくて、そう思ったのかもしれないが・・・。たどり着いた宿は久々のザホテルって感じで狭かったけど綺麗だった。町...全文を読む

これぞオランダ!!

[ ヨーロッパ]

2012.04.27 (Fri)

小さい頃見てたTVで景品はオランダ旅行というの番組があった気がする。その映像で見た限りでは、1面の花の後ろで風車が回っているというものだ。その景色を見たいと観光案内所で聞くと、イマイチ伝わらない。インフォメにある絵葉書を持っていってココにいきたい!というと、おばちゃんはしぶしぶ教えてくれた。何故かこのインフォメのおばちゃんめっちゃ愛想悪かった。もう夕方だったため、仕事したくない感満載だった。なんと...全文を読む

ブロック迷路に迷い込んだような町 アムステルダムへ

[ ヨーロッパ]

2012.04.26 (Thu)

朝起きてまた大聖堂を眺め、ケルンの町を後にする。しかしこのドイツにてありえないことにバスが来ない。心配になり、その辺のおじちゃんらに聞くも、さぁ来ないねって感じ。意外と呑気なのか?ドイツ人。寒さの中1時間待ってやっとバスはやってきた。移動続きの上早起きしたので、バスに乗ってすぐにウトウトしてたら、知らない間に国境を越えたようだ。なんとなくだが文字も違ってきている。ヨーロッパの国境ってゆるーっとびっ...全文を読む

ザ世界遺産 ケルンの大聖堂

[ ヨーロッパ]

2012.04.23 (Mon)

ライン川に沿って列車は進むのでところどころ山の上にある古城を見ることが出来る。古城に泊まることが出来るらしい。電車に揺られケルンという文字が増え始めた。この町にきたのはこの世界遺産大聖堂を見るため。ずっと一緒にたカイト君はサクラダファミリアよりもよかったって言ってた。楽しみだ。川の向こうに大きな教会の十字架が見えてきた。あれか??でも駅前にあるはず。その教会はちょっと離れている。降りる駅が近づいた...全文を読む

はじまりはフランクフルトから

[ ヨーロッパ]

2012.04.22 (Sun)

フライトチケットに実は心配事が1つあった。チケットを取るときに姓名逆に入力してしまったのだ。格安チケットのため名前の変更には航空券代が4万くらいで1万くらいのお金がかかったりもする。ネットで調べたところによると、どうやら変更はお金要るけど、逆なら大丈夫らしいという情報を信じて変更せず。どうなるかは行ってみないとわからない。朝早くに空港に着き、チェックインしようとすると、名前はまったく問題なし。ただプ...全文を読む

2度目のボゴタ 

[ 未分類]

2012.04.20 (Fri)

コロンビア国境に入るとすぐに黒人8人ぐらいに囲まれた。背も高くてすらっとしてるし、ちょっといかついおねえちゃんもいて、呼び止められて戸惑ったが、止まると、どこから来たの?って聞かれて、日本といった途端、みんな写真とって写真とっててどっさり来て、うちらはひたすら笑顔。アジアだったらこの時点で何かが無くなっているだろうが、ここはコロンビア。みんな握手して去っていった。久しぶりのフレンドリー度厚いコロン...全文を読む

オタバロ

[ エクアドル]

2012.04.17 (Tue)

キトから北に3時間ほど行ったところに巻きスカートに刺繍入りのブラウスを着た民族がいる。土曜日に開かれれるマーケットが有名でその時はかなりの混みようになるようだ。土曜以外でも市は出ているということで、寄ってみることにした。実際ついてみると、そこまで民族色は強くないが、おばちゃんたちがいた。私が見てきた今までの民族は衣装着てても便所スリッパみたいのはいてる人たちが多かったけど、ココの民族は靴がある。そ...全文を読む

北半球と南半球に片足ずつ

[ エクアドル]

2012.04.16 (Mon)

カノアからのバスは朝4時過ぎ、町のはずれのバス停でもなんでもないところに着く。仕方がないので聞いていた24時間オープンのピザやで朝までねばる。バスは意外と狭くて、うるさくて全然寝れなかった。朝ピザやで寝ようと思っていたのだが、見知らぬチリ人がうちらの中に乱入してきて、話しかけてくるので寝れなかったのだ。彼はとてもいい人ではあったのだけれど。眠さはもうピークだったが、うちらのコロンビア発のチケットが間...全文を読む

サーフィン合宿7日間  IN カノア

[ エクアドル]

2012.04.15 (Sun)

話の始まりはワンチャコ海岸だった。夕方になると涼しくなるので海でボケッとしているとサーファーたちが、気持ちよさそうに波に乗りうちらの視線を横切っていく。それも一人や2人じゃない。気持ちよさそうだなぁって話しているうちにサーフィンしてもいいかなってことになった。折りしも年末年始もパタゴニアも一緒に過ごしたカイトクンがサーファーでエクアドルのカノアという小さい町にじゅんさんという日本人が住んでいるのだ...全文を読む

落ち着いた古都 キトへ

[ エクアドル]

2012.04.07 (Sat)

名残惜しいバーニョスを離れ、エクアドルの首都キトにたどり着いた。キトにはメトロバスのようなバスが何本か走っており、迷いながらも無事激安宿に到着。ここは安宿なのに立地が最高で部屋から南米一古い歴史を持つサンフランシスコ教会が、屋上にいると景色がいいとされる丘も見える。キトは首都のわりには公園も多く、新市街に行くとカフェや宿やクラブが立ち並んでいる。民芸品市場もほかの南米とはちょっと違うものが売られて...全文を読む

ディアブロ(悪魔)へ向かってチャリをこぐ!!

[ エクアドル]

2012.04.05 (Thu)

山の街バーニョスでサイクリングに出かけることにした。雨季の為、小雨の中の出発。少し自転車こぐとすぐに暑くなった。でも基本は下り坂。ラクチン。5時間くらいのコースで途中には何箇所かアトラクションがある。バンジーだったり、籠に載って滝を見に行ける場所とか。初めのかごを見たとき、滝の上を通り抜けれるからとても楽しげで、乗ることにした。それも往復100円ちょっとという安さ。楽しかった。その後メインの滝へ。ディ...全文を読む

温泉へのたび

[ エクアドル]

2012.04.04 (Wed)

エクアドルの首都キトからほんの3時間程のところに温泉がある。温泉自体は本当にたいしたことないのだけれど、たくさんのアクティビティが出来ることで有名なようで、町には西洋人がいっぱい。町のいたるところにバギーが止まってたり、チャリが借りれる。そそてカフェやディスコテカもたくさんある。町は歩いて回るのに丁度いい大きさで、盆地のため、景色はかなりいい。それととてもいい宿がある。長旅に宿選びは重要で、キッチ...全文を読む

暑い暑いグアヤキル

[ エクアドル]

2012.04.01 (Sun)

バスに乗っているとだんだん暑くなってきた。グアヤキルに着いたときはかなり汗だく。グアヤキルは海沿いの町で、ガラパコス諸島へいくためのフライトで寄る人が多いようだ。治安も悪いといわれているようだが、確かに黒人が圧倒的に多く、貧しそうな人もたくさんいた。しかし町の人は基本的にとても親切。地図みて歩いてるとどこいきたいんだ?って声かけてくる。この暑い中、なんとか宿を見つけてたどり着いたが、ホテルという名...全文を読む

前-     2012-04-       翌-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。