更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2011 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 01

2011-12-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

イタイプーダムと動物園

[ パラグアイ]

2011.12.29 (Thu)

シウダーデルエステの町は国境なのこともあり、かなりの混雑ようでアジアを思い出させる。そこの買い物もかねて無料で見ることの出来るダムと動物園に行く事にした。パラグアイ人はかなり親切である。最近一緒に活動しているかいと君は値段わからずに小銭もってたら、隣の人が払ってくれたらしい。ブエノスでいやな思いしたけど、パラグアイはいるとみんな降りるとこも聞かなくても教えてくれる。最高な国である。ダムに着くと、無...全文を読む

忘年会

[ パラグアイ]

2011.12.28 (Wed)

ペンソノのホームページに乗っていた忘年会。今度は何が起こるんだろうなぁって思ってたら・・・。まず昼間にシェフがビックオムライス作ってくれた。こんなに大きいのにみんなで食べたらあっという間。おいしく完食。ちょっとボケッとしてると、忘年会の準備が始まった。なんと子豚!!クリスマスのアサードは牛を一頭解体したのだが今度は豚!お腹には味付けれた米がつめられて縫われている。3,4時間かけて焼かれた子豚。バリ...全文を読む

大瀑布を浴びに  イグアスの滝へ

[ アルゼンチン]

2011.12.27 (Tue)

クリスマス会も終わり、よく飲んだ昨日だったが、イベントが多いこの年末。この日しかないということでイグアス行きを決定。人数も増えて合計8人の出発となった。時期的に人も多いのか、バスに乗り込もうとするも人がいっぱい。無理やり人を押しのけてバスに何とか乗車。日本の満員電車に比べたらなんのその。無事国境の町シウダーデルエステに到着。うちらはブラジルビザを持ってない人が大半だったので、パラグアイからアルゼン...全文を読む

クリスマスアサドパーティー

[ パラグアイ]

2011.12.25 (Sun)

1936年、日本人のパラグアイ集団移住はアスンシオンの南東、ラ・コルメナから始まった。主に農業を目的に移住した人々は大豆の輸出ルートを確立した事により、パラグアイに大きな貢献を果たしている。今では人口も増え、イグアス市に昇格している。パラグアイとブラジル国境の町シウダーデルエステから41キロ地点。ペンション園田という移住地の中に宿がある。アスンシオンから乗ったバスはどうやらローカルで、なかなか着かない。...全文を読む

36時間の大移動

[ アルゼンチン]

2011.12.23 (Fri)

年末年始は交通機関も止まり、宿もいっぱいになるとこが多いらしいので、早めに移動する事にした。目的地はパラグアイの日本人居住区イグアス市。宿のみんなに別れを告げ、バス停にたどり着いたのがバス出発1時間前の6時過ぎ。バスは7時発だった。・・・・・・のはずだった。しかし待っても待ってもバスは来ない。途中出発会社のバスが着いて、荷物預けに並んでいたが、なんと違うところ行き。あせって違うところも探しに行ったけ...全文を読む

タンゴ発祥の地 ボカ地区へ

[ アルゼンチン]

2011.12.20 (Tue)

最高にイメージ悪いブエノスアイレス。このイメージを打破しようと、ここの随一の観光地ボカ地区へ向かった。ボカはヨーロッパの移民たちが最初に足を踏み入れる土地で、労働者や船乗りたちのたむろする薄暗いパーからあの官能的なタンゴが生まれたという。現在はカミニートというカラフルに彩られた場所が観光名所になっている。土曜のボカはものすごく混雑していて、タップダンサーやタンゴを見せてくれるレストランや露天が並ん...全文を読む

ブエノスアイレス観光

[ アルゼンチン]

2011.12.19 (Mon)

ブエノスアイレスのイメージはあんまり良くなかった。でもとりあえず久々の都会だし、物価高いのにじっとしてるのはもったいないと観光する事にした。まず近くから世界で2番前にきれいな本屋さんへ。なかなかきれいな本屋さんだったけど、10分くらいで見終わり、近くのエビータのお墓を見にレコレータ墓地へ。アルゼンチンのお墓は人が住めそうなくらいきれいで広い。お墓の概念を打ち砕いた。アルゼンチンではマテ茶が良く飲まれ...全文を読む

アルゼンチンの首都 ブエノスアイレスへ

[ アルゼンチン]

2011.12.17 (Sat)

トゥピサをでたうちらは国境を越えアルゼンチンへ入国。めずらしくアルゼンチン側には銀行もなければ両替商もいない。走り回ったが見つからず、仕方なくバス会社で両替。率はそんなに悪くなかったがバス代ちょっとぼられた。アルゼンチンの事すごい都会だと思ってやってきた私だったが、がっかりした。まずサルタという町に着き、バスを探すも16時間1万円くらい余裕でする。ここは日本か!と思うほどの物価。人も冷たく、旅で出会...全文を読む

レインボーロックを求めて  トゥピサへ

[ ボリビア]

2011.12.10 (Sat)

ウユニを朝6時に出たバスは止まってばかりですすまず、道も悪くもうこのルートは通りたくない!と思いながらトゥピサという町にたどり着いた。西洋人には人気らしいが、うちらの持つガイドブックには全く載っていない。宿もイマイチいいとこなかったらしく、ちょっと高めの宿に入った。なんとそこはにんにく料理禁止だという。次なる宿を探してブラブラしてると、ツアー会社にたどり着いた。そこで宿があるか聞くと、12歳くらいの...全文を読む

真っ白の世界へ

[ ボリビア]

2011.12.02 (Fri)

世界一大きな塩の湖ウユニ塩湖。最高地点3760メートルと富士山よりちょっと低いだけ。20億トンもの塩でできているという不思議な湖へ向かった。思っていたより肉眼では白く見えなかったのだが、写真に撮ると真っ白。そのためいろんなトリック写真を撮ることができる。雨季のウユニ塩湖は湖に景色が写ってまったく違った景色をみせてくれる。日本人には雨季のが人気のようだが、乾季は西洋人に人気である。ツアーはほとんどがランク...全文を読む

前-     2011-12-       翌-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。